あなたが使う言語を選んでください

戻る

EricKeller

バーチャルインストゥルメントによる作曲 Composer

2015年から本格的に作曲の勉強を始めました。現在、ルネサンス、バロック、古典派のメロディーの改作に取り組んでいます。長期的には、ソナタ形式の作曲に進みたいと考えています。

私の作品は、主に1500年から1900年に制作され、ほとんどの古典的な慣習を用いた作品にのみ関連しています。

私の仕事とは?

最初の段階では、18世紀初頭に作曲家が学んだ技術を学んでいます。

そのために、身近な曲を選びます。その構造を分析し、メロディーの本質を理解するために様々なバリエーションを試します。そうすることで、オリジナルのスタイルで新しいメロディーがひらめき、そのメロディーを聴き慣れたスタイルに変換することができるのです。

しかし、大きな違いは次のステップにあります。

私の仕事はすべて "ヴァーチャル・インストゥルメント "で行われますが、これは必ずしも容易なことではありません。

現在のところ、リアルなエミュレーションが可能な楽器は限られています。一般的なキーボードや、木管楽器、打楽器、撥弦楽器などです。ルネサンスからクラシックにかけてよく使われた楽器は、チェンバロ、ピアノ、ハープ、ギター/リュート、フルート、そしていくつかの管楽器です。オルガンに転用されたものもあります。一般的に使用されている人工ヴァイオリン、ヴィオラ、ヴィオロンチェロ、ホルン、トランペット、そして人声は、特別な改造を施さない限り、満足のいくものではありません。

第二のパートは "マスタリング "です。これは繊細で比較的技術的な手順です。あらゆる面を理解し、正しく適用するのに何年もかかりました。

最初のステップとして、MuseScore、Finale、Sibelius、Doricoで作成された楽譜は、ベロシティとリズムのさらなる作業が必要になることがよくあります。ダイナミクス(mp, mf, fなど)やテンポ(多くの場合、4分音符や2分音符で)の指定は、楽譜のすべての部分で提供されなければなりません。また、書かれた楽譜で作業している間、私は自分の楽器や原曲により適した移調を使用します。

その後、私の作業は、音楽を一般に公開するために変換するデジタル・オーディオ・ワークステーション(「録音のマスタリング」に使用するDAW)に進みます。多くの人がこのステップの自動化を望んでいますが、これまでのところ、その結果は期待外れでした(例えばMuseScore 4)。

DAWは次のような主な機能を提供します: (1)空間的な音響配置の中での楽器の地理的な配置、(2)他の領域が十分に聴こえるようにしながら、いくつかの注目すべき好ましい領域を促進する周波数領域の拡張、(3)局所的なダイナミクスと連動して、音符の時間の長さを適切に調整、(4)信頼できる音色の景観を提供するように、音符間の音符の長さを長くしたり短くしたり、(5) "ドライ "と "ウェット "の間の適切なリバーブの仕様。「ウェット・オーディオ "とは、楽器に深みと距離を与えるために処理された信号のことで、"ドライ・オーディオ "とは処理されていないオリジナルの信号のことです。

今のところ、これらの操作をすべて自動で行える機器は見つかっていないので、私は作曲の各曲ごとにこれらの調整を個別に行います。要するに、私が各楽曲のために行っている作業は以上のようなものです。

なぜ?

NeoClassix.infoは完全無料のサービスです。

1. 斬新な音楽の創造。例えば、Turlough O'Carolanのオリジナルのメロディーは短い曲で、しばしば1ページにも満たないものでした。そこから、私は完全な作曲のセットを作り、出版しました。

2. あまり知られていない功労作曲。例えば、アントニオ・ヴィヴァルディの初期の作品、ドメニコ・スカルラッティの555曲から厳選したソナタ、ジョン・ダウランドのめったに聴くことのできない作品などです。現在、フェルナンド・ソルの作品シリーズを制作中です。

3. 最高のウェブ対応バーチャル楽器の使用。NeoClassix.infoでは、書かれた楽譜を読み、分析し、音楽の形で実装します。快適な演奏が可能になるまでには、多くの作業と実験が必要です。NeoClassix.infoでは、最高の音楽機材を使用しています。

4. マスタリング NeoClassix.infoは書かれた楽譜をもとに作業するので、綿密な準備が必要です。これは従来の音楽レコーディングとは全く異なります。私たちの場合、楽器は一連の音楽記号を聴き取りやすいテキストに変換しなければなりません。これは、オーケストラ・グループの実現とは異なり、1声、2声、3声の制作では異なる一連の連続的な依存関係を伴います。

私たちの楽器はかなり限られています。例えば、放送でリュートを録音する場合、特殊なマイクセットを使うことができますが、バーチャルなリュートをシミュレートするのに使える楽器はありません。クラシックギターをシミュレートする楽器を使わなければならないのですが、いろいろ探した結果、シミュレーションに使えるギターは1種類に限られています。

5. 将来。私たちのスタイルは、現在のテクノロジーと互換性のある特定のツールに限定されます。これが現在NeoClassix.infoで使用しているものです。これは近い将来、根本的に変わるのでしょうか?いいえ、仮にもっと多くのリソースを利用できるようになったとしても、大きく変わることはないでしょう。現在の状況を考えると、バーチャル・テクノロジーが大きく変化するのは、10年後くらいの可能性が高いでしょう。

今あるものを楽しみましょう。

エリック・ケラー

責任  1978-2008: https://erickeller.ch